今、日本中には様々な求人情報が溢れています。中には会社の存在すら怪しい信憑性のないものまで…せっかく転職をするなら、決まった先でも長く働きたいですよね。ここでは求人の見極め方をお教えします。

大学生向けの求人で入社祝い金には注意

大学生向けの求人で、入社祝い金が出される求人があります。「入社祝い金10万円を支給」などと書かれていると、働いていないのに入社しただけでお祝い金がもらえるなんて怪しいと感じるかもしれませんが、これはなんら怪しいものではありません。企業にとって人材は宝物であり、優秀な人材を獲得するためならばこの程度のお金は喜んで出すのが企業です。大手の求人サイトともなると、広告を載せるだけでも200万円程度のコストがかかりますが、それだけのコストをかけても優秀な人材を獲得することには価値があるのです。

このように、「入社祝い金10万円」といったものはなんら怪しいものではありませんが、長い目で見るとそれほど価値のないものでもあることに注意が必要です。このようなお金につられて、他に希望の企業があるのにそれを蹴ってしまったら、後で後悔することになるかもしれません。新卒採用で正社員として採用されれば、最初のボーナスで50万円くらいをもらえることもよくあります。最初は年収が300万円程度でも、10年後には400万円、30年後には600万円を超えていることも珍しくなく、定年までずっと勤め続ければ、2000万円程度の退職金をもらって退職をすることができます。

入社祝い金というのは短期的にはとても魅力的に感じますが、長期的に見るとたいして魅力のないものです。もちろん、希望の企業、希望の職種でなおかつ入社祝い金ももらえるのであれば、喜ばしいことですが、あくまでおまけにすぎないということは理解しておきましょう。特に大学生にとっては、新卒採用のチャンスは人生に一度しかないものです。そのチャンスを逃したら希望の企業で正社員として働けるチャンスはもう二度とないかもしれませんので、しっかりと求人を見極めるようにしましょう。