今、日本中には様々な求人情報が溢れています。中には会社の存在すら怪しい信憑性のないものまで…せっかく転職をするなら、決まった先でも長く働きたいですよね。ここでは求人の見極め方をお教えします。

求人サイトにある怪しい会社を知りたいなら

 求人サイトにある怪しい会社を知る方法は3つあります。
 1つ目は、企業の評判を調べることです。
 インターネットで「会社名 評判」と検索すれば、いくつも評判が記載されているサイトがヒットします。
 転職者向けの企業の評判が記載されている口コミサイトは、その会社に現在勤めている人、もしくは過去勤めていたことがある人が投稿しています。そのため、企業の内側を知っている人の意見が載っており、企業にとって不都合な事実も知ることができます。求人のどの部分は嘘が記載されているやどのような理由で退職する人が多いなど具体的な情報を得ることができます。
 また、インターネット上の質問サイトで企業の評判を質問するという方法もあります。必ず回答がもらえるとは限りませんが、務めたことがある人や面接に行ったことがある人が、務めた感想や選考時に受けた企業の印象を回答してくれることもあります。
 求人サイトにある怪しい会社を知る方法3つの中で1番情報を得ることができるのが、この方法です。
 2つ目は、求人サイトや企業のホームページに記載されている設立年数と平均年齢を比較することです。
 設立が浅いわけではないのに平均年齢が若い場合は、離職者が多いことが考えられ、長く務めなれない何らかの理由があると推測できます。
 3つ目は、求人サイトに掲載されている期間や頻度を確認することです。
 長期間掲載されている企業や掲載頻度の多い企業は注意が必要です。
 単純になかなか企業の求める人材が見つからない場合もありますが、採用した人がすぐに退職するため、常に掲載されている、掲載頻度が多いという可能性があります。
 以上のように、求人サイトにある怪しい会社を知る方法は、「企業の評判を調べる」、「求人サイトや企業のホームページに記載されている設立年数と平均年齢を比較する」、「求人サイトに掲載されている期間や頻度を確認する」の3つです。